7/3 インターフェックスジャパン2019専門セミナー

《 AIに基づく5G時代に於けるGxPに対応したビッグデータ活用に際してのDIの重要性 》

Indispensable Data Integrity in the Practical Use of Big Data to meet GxP in 5G Era Based on AI

 

日 時 ◆ 2019年7月3日(水)16:30~17:30

会 場 ◆ インターフェックス東京2019

講演者 ◆ 村上 大吉郎

 概 要

今や、製薬産業も人依存型から機械依存型への転換が必須となっている。その為の有効な手法がAIの活用であり、その基となるのが蓄積された膨大なデータの活用である。 ただし、それらのビッグデータはGxPを満たす事が必須である。関連規制当局が求めるDIの重要性を理解した上で、2020年から本格的に利用可能となる5Gに対応したシステム構築が要求される。
製薬産業がこのような急速なデータ通信や大容量のデータを如何に活用するかが喫緊の課題であろう。そのために留意すべき事項に関して欧米製薬業の最新の状況を踏まえながら幾つかの提言を行うことにする。

Abstract:
The paradigm shift from human-oriented performance to machine-dependent one has recently been required as an indispensable matter even to the pharmaceutical industry. An effective approach to this achievement is practical application of Artificial Intelligence, which should be based on the practical use of the enormous data accumulated. Those big data, however, are required to meet GxP. In other words, the new system applied with 5th Generation, which will be available in 2020, should be adopted on the condition that the highest priority of Data Integrity required by the regulatory agencies should be given and recognized.
Nevertheless, how the pharmaceutical industry utilizes these rapid data communication and large-capacity data could be an urgent issue. Thereupon, some noticeable points would be made on the basis of the latest trend in the European and American pharmaceutical industries.