お客様の声

Voice #1
環境モニタリングで使用している
温度記録センサー設置位置の妥当性を検証
対応施設
受託固形製剤工場
業務分野
品質管理
提供サービス
製品倉庫内温度分布測定

検討の背景

倉庫内の温度計測ポイントの選定根拠がない。

  • 原料・資材・製品を保管する倉庫において温度管理を行っているが、品質に大きな影響を与えるパラメーターであるにもかかわらず、温度記録センサーの取付け位置のバリデートがなされていなかった。
  • 真夏・真冬の温度差が激しい土地柄のため、夏季と冬季の一定期間、倉庫内の温度分布を測定し、日常の温度計測ポイントの妥当性を検証する必要があった。
  • 倉庫内のワーストポイント選定のための測定基準や判断基準が未整備であり、対応できる人員に限りもあったため、専門家へのアウトソーシングを検討した。

実施後の成果

倉庫内の温度分布が管理範囲内にあることの確認

  • 温度測定手順に基づいて、倉庫内の構造や状態から温度分布を測定するための測定ポイント(水平方向・高さ方向)を設定し、夏季・冬季に一定期間の連続モニタリングを実施した。
  • 全測定ポイントで、温度管理範囲内に入っていること確認した。
  • 倉庫内の温度バラつき幅からも、適切な気流撹拌が行われていることを確認できた。
  • 冷房時および暖房時の温度のワーストポイントを特定し、本設温度記録センサーが倉庫内の温度を代表していることが確認できた。
  • 今後も、定期的な温度分布検証を継続することで、安定した品質管理の一面を維持していく。

まずはお気軽にお問い合わせください

弊社についてのお問い合わせは、メールフォーム、お電話にてお受けしております。
既存工場のGxP診断やPIC/S対応、バリデーションドキュメントの整備などのご相談もお気軽にお問い合せ下さい。